So-net無料ブログ作成
2008年第1戦 ブログトップ

スタート そして [2008年第1戦]

スタート前のドライバースミーティングで コースの状態がよくないため、今回はたぶん5時間で打ち切りになるとの話がありました。先週の雪でコースの整備が充分でないために、コーナーに穴ができるらしいです。また、7コーナーをショートカットすることも伝えられました。昨日走ったばかりの管理人にはどこのことかよくわかりませんが、まあいってみればわかるでしょう。

今回はドライバーが6名で、本来なら1時間交代が最も効率がいいはずです。初戦ということもあり全員が乗れるように、まずは30分交代で走ることとしました。スタートドライバーは、代理監督がつとめます。大きなトラブルはないまま、レースが始まりました。

ドライバー交代をしながら順調にはしっていきますが、2時間を過ぎて、徐々にコースが荒れ始めてきています。ピットから見える5コーナーにもかなり大きな穴があいているのがわかります。管理人は、6番手の乗車予定となりました。レーシングスーツに着替えて準備をしていたのですが・・・

うちの車だけがピット前に帰って来ません。ゼッケン1が2度もピット前を通過しているのに われわれのゼッケン24番は通過していません。転倒ならば赤旗がでて全車がストップするはずですが、他の競技車は順調に通過していきます。ということはコース上でトラブルで止まっている可能性が高いわけです。
ギャラリーコーナー前のシケインからピット前までには止まっていないようだとわかったころ、1コーナー先の直線に 白い車が止まっているのに気が付きました。どうやら我々の車だと判明した頃、ドライバーのF氏が歩いてピットに戻ってきました。
”エンジンはかかるが、ギアをいれても駆動がかからない”
どうやら駆動系のトラブルのようで、そのままではピットに戻ることも不可能なようです。止まった場所はストレート上の脇なので修理は可能のようですが、うちのチームはスペアパーツなんかは持っていないため、あきらめムードが漂います。どうやら左のドライブシャフトが問題とわかったところで リタイヤ届けを出すこととしました。

ところが代理監督がオフィシャルに伝えたところ、
”ドライブシャフトなら同じヴィヴィオを使っているチームが持っているかも”
ということで他のチームにあたってくれることとなりました。停止時間が長くなっているが、その辺は大目に見るからがんばって完走を目指しなさいということらしい。オフィシャルのあとをついて回る代理監督。最後に訪問したチームが持っていてそのスペアパーツを借用してくることとなりました。 今度はドライブシャフトの交換に慣れている職人がドライブシャフトを持って車に向かいます。ダメです、ドライブシャフトが抜けません。抜き方を他のチームから教わって試してみますが、やはり抜けません。

結局、いったんもどしたリタイヤ届けを再度提出することとなり、われわれの初戦は終わりました。

当日の朝 [2008年第1戦]

4月13日、いよいよ第1戦の朝です。
競技車両は前日の練習走行でも問題なかったために トラックと一緒に会場に置いておきました。
ゲート前に到着して7時15分の開門を待ちます。初めてなので勝手が分からないのですが、まずは全員で受付へ。

今回のドライバー6名全員が新規の会員ということで、オフィシャルからの講習会を受けなければなりません。代理監督は、ウン年前(ウン十年前?)に参加していた当時のライセンスを持参してきましたが、もちろんこれは通用しません。
講習会はおよそ30分ほどですが、最後に試験があって合格しないと走れないのです。合格ラインは10問中全問正解とのことで、若干不安になりましたが、無事全員合格です。やれやれ、ほっとしました。

サービスカーと競技車をピットに持ち込み、設置準備を手分けしながら進めます。車検をうけるために、競技車をピット入り口の車検場所へと持っていきます。スペアタイヤを持っていくのを忘れましたが、大きな指摘もなく車検合格です。

前日の練習走行会 [2008年第1戦]

4月13日の第1戦に先立ち 前日の12日の練習走行会に参加しました。
なにより競技車の走行状況の確認が必要ですし、ドライバーの方は、このコースをウン年に走ったとか初めて走る人間ばかりです。

この練習走行会は競技会の前日に開催されていて 参加費1台1万円で午後の2時間を走行可能です。
参加の申し込みは、事前にFAXでスポーツランド信州へしておきました。

会場のスポーツランド信州に到着して トラックから競技車をおろします。
最初は助手席をつけた状態で 順番に助手席に同乗しながら走行していきます。ドライバー交代ごとに車両のチェックをしながら走行をすすめます。全員が走り終わると 今度はドライバー単独での走行になります。うーん、加速も減速も2名乗車と全く違います。

車の調子はまずまずで これならけっこういけそうな感じでした。
へっぽこドライバーの管理人でも 何とかなりそうな感触を得られました。
さあ、いよいよ明日は本番です。
nice!(0)  コメント(0) 

エントリー [2008年第1戦]

4月13日の第1戦にむけて 参戦準備をすすめてきましたが、車両制作も間に合いそうなので、3月上旬に軽自動車オフロード倶楽部のライセンスの申し込みをおこないました。6名分の申込書と料金を現金書留で事務局へ送ります。3月17日に仮ライセンスの入った封筒が届いて、その中には 参加車両ゼッケン 24 と書かれた第1戦の申込用紙がはいっていました。
3月29日が申し込み締め切りのため、間に合うように申込書の郵送とエントリーフィーの振り込みをおこないます。翌週に受理書がとどいて無事に申し込みが完了しました。

また、前日の練習走行会のほうは、会場のスポーツランド信州にFAXで申し込みをしました。こちらの支払いは当日現地にておこないます。
2008年第1戦 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。